ようこそ(*^▽^*)

 

ご訪問いただき、ありがとうございます♪

sayuと申します。

現在(2018年)、11歳、9歳、2歳、1歳の4姉妹を育てながら、デイサービスでパート事務員をし、また、高齢者の脳活性化、笑いと歌で心を元気にする音楽療法士2級の資格取得を目指して、毎日慌ただしく過ごしております。

5歳の頃、体が弱かった私は、『お腹から声を出す民謡が体にいいらしい!』という祖母と一緒に民謡を習い始めた事がきっかけで、歌が大好きになり、音楽は、私の生活に無くてはならないものとなりました(^^)

若い頃は大好きなアーティストの曲を夜中まで聴いたり、友達とカラオケに行って何時間も歌ったりしましたが、結婚してからは、そのような時間が持てなくなってしまいました。

でも、子育てに歌が大活躍したり、自分が落ち込む時や、家事のヤル気が起きない時(←コレ、ほぼ毎日 笑)音楽に癒されたり、また、私が仕事や民謡で接する機会が多い高齢の方への、脳の活性化、心の栄養に音楽が素晴らしく役立っている事を知り、感動したり…

益々音楽の魅力にハマりつつあります!

だって、自分の声さえあれば、お金もかけずに、その場で子育てをグンと楽しくし、それでいて自分も元気になっちゃうなんてすごくないですか!?

魔法のようだと私は思ってしまいます!!

もしかしたら、「歌うことに自信がない。。。」という方もいるかもしれません。

が、子育てに使う歌に上手い下手は関係ありません♪

実際、私がいつも家で歌っているのは、「あそ〜れ、く〜つし〜た履〜くよっ、1、2、3♪」

のような、昭和感満載のヘンテコリンな歌ばかりです 笑

逆に、ヘンテコリンな方が、気分も上がり、楽しくなるくらいですよ!

大好きなお母さんの声に安心感を持っているので、子供の心も豊かに育ちます♪

うちの子供達は上3人とも、言葉を覚えるのも、結構早い方でした(^^)

一番下の1歳ちゃんも、誕生日が来たばかりですが、すでに「パパ、ママ、おいで、あっち(行きたい)、わんわん、チューチュー(ネズミ)、いらない、で!(自分でやりたい)などなど、色々な言葉で意思表示ができてきています。

お歌も、語尾だけですが、踊りや合いの手付きで、歌います♬

そして、高齢者の方に音楽が与える影響。これも素晴らしいのです!!

皆さんは、懐かしい音楽を聴くと、その頃の思い出がよみがえり、キュンとした経験はありませんか?

私の青春時代は、とにかくスピッツの曲をよく聴いていたので、(もちろん今も大好きです!!!)今でもその頃の曲を聴くと、懐かしいような、切ないような気持ちになります。

これは、音楽を聴くことで、脳がその頃の出来事、風景、空気、気持ち、様々なものを回想し、その人の心によみがえってくるからと言われています。

この、「回想する」という作業が、脳の血流を良くし、認知症にも大変、効果が期待されているのです。

このように、音楽にはたくさんの魅力が満載です!!

このブログでは、音楽の持つチカラ、その素晴らしさについて、また、育児や日々の生活についてを綴っていけたらと思っています♪

どうぞよろしくお願いいたします!

子育て、健康、音楽療法など記事一覧はコチラからご覧ください♪→→→ 記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする