マイカゴカバー(保冷)手作り方法や可愛いデザインを紹介!

レジ袋が有料化されて、マイカゴを持つ方も少しずつ増えてきましたよね!

レジで商品を入れて貰ったら詰め替える必要もなく、そのまま持ち帰ることができる、とっても便利な「マイカゴ」

でも・・・冷蔵品や冷凍品を持って帰るときに、夏などはちょっと心配になってしまいますよね。

しかも、中身が丸見えで、いっぱいだと溢れそうになってしまうことも。。。^_^;

 そんな時にマイカゴカバーがあったら、中身は見えずに保冷も出来て、とても便利ですよね♡

今回はそんな便利なマイカゴに使える優秀アイテム「マイカゴカバー(保冷)」の手作り方法や可愛いデザインをご紹介させていただきます。

マイカゴはシンプルなものが多いので、カバーをアレンジすることで「自分らしさ」を出すのもいいし。。。

せっかくの便利なマイカゴ、カバーを使用して商品の傷みなどを気にすることなく、安全に持ち帰れたら嬉しいですよね!

 

スポンサードリンク

 

マイカゴカバー(保冷)の手作り方法は?

マイカゴカバー(保冷)って、どうやって作るの?難しくない?

裁縫が得意な人ならいざ知らず、普段あまり裁縫をしない場合「カバーの手作り」は、ちょっと敷居が高い気がしちゃいますよね^_^;

でも作り方さえわかれば、意外と簡単に作ることができるんですよ~♪

用意する材料も、布やアルミシート・鞄テープなど、百均などでもそろえやすい材料で作ることができます。

では、実際どうやって作るのか?

マイカゴカバー(保冷)の作り方を見ていきましょう!

材料

(1)42センチ×27センチの布・アルミシート・・・1枚ずつ

(2)42センチ×24cmの布・アルミシート・・・2枚ずつ

(3)24センチ×27センチの布・アルミシート・・・2枚ずつ

(4)鞄テープ×1メートル・・・2本

(5)68センチ×25センチの布・・・2枚

(6)2メートルの巾着用の紐・・・2本

※布や鞄テープなど、100均でも購入できるものがあります。

 カゴのサイズによって、布とアルミシートのサイズを調整してみてくださいね。

 

作り方

・(2)で用意した布に、鞄テープを縫いつける

・(1)の布の上下に、鞄テープをつけた2の布を置く

・(1)の左右に(3)で用意した布を置く

・(1)の布が真ん中になるように十字の形に配置できたら、隣り合う布を縫い付ける

・次は立体的な箱型になるよう、隣り合わせた布を4か所縫い合わせる(A)

・アルミシートも上記布と同じように縫い付けて、箱状にする

・(5)で用意した布で、巾着を作る

・保冷シートの中に、上記で作った巾着を入れる

・最初に作った(A)を保冷シートにひっくり返して、中表にして入れる

・すべて角を合わせて、洗濯ばさみなどでずれないようにとめる

・3枚をきれいに重ねたら、周りを縫っていく

・ひっくり返して表にする

・巾着に(6)の巾着用の紐を通す

 

こんな感じとなります。

箇条書きにすると、わかりにくくて申し訳ないのですが。。。^_^;

実際作っている、とてもわかりやすい作り方の動画があります♪

お好みの布や紐を選ぶと、とっても可愛いオリジナルのマイカゴカバーが出来上がります。

ぜひ試してみてくださいね♡

 

スポンサードリンク

 

マイカゴカバーの可愛いデザインをご紹介!

 続いてご紹介させていただくのは、ツイッターで見つけた可愛いマイカゴカバーです。

いざ「マイカゴカバー」を作ろう!と思っても、いきなりだとイメージが浮かばずに困ってしまうかもしれませんが・・・。

色々見ていると自分がどんなものを作りたいか、作りたいイメージがわいてくるかも!?

とっても可愛い、レモン柄のマイカゴカバー。

黒地なので派手にならず、落ち着いた感じもいいですよね!

とても大人な雰囲気ですよね。

こんな手作りを貰ったら、嬉しいですね~★

そして、作れたら嬉しい(笑)

シンプルなので、使いやすそうですよね!

作る前に市販のものを参考にして、イメージを膨らませるのもいいかも!?

買い物上手を褒められてるみたいで♥笑

こういうユニークな生地をチョイスするのもいいですよね!

https://twitter.com/miiiiiiiiii1818/status/1283274486054219776

動物柄も可愛いですよね。

好きな動物のマイカゴカバーだと、買い物のテンションも上がります!

お気に入りのキャラクターとかもおすすめです♪

https://twitter.com/_yaeharu_/status/1280816030512607232

まるで市販品のようですよね!

巾着部分の色を変えてあるのが、とてもオシャレですよね。

市販品でもかなりの種類が売られていますが、手作りだと自分好みに作ることができるのが魅力です♡

まとめ

今回は買い物時に便利なマイカゴに使える「マイカゴカバー(保冷)」の手作り方法や可愛いデザインをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

スーパーなどの買い物時に、あると便利な「マイカゴ」

そのマイカゴにカバーがあったら、さらに便利さがアップ!

自分で作ると好みの生地が選べて、人と被ることがないのが嬉しいですよね。

カラフルなもの、シンプルなもの、好きなキャラクター、などなど。

どんな感じのマイカゴカバーを作ろうかな?なんて考えるだけでも楽しいし、お気に入りのマイカゴカバーを持って買い物に行くと、テンションも上がりますよね♡

<こちらの記事もオススメ!>

 

スポンサードリンク

 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする